wifi 無料スポットの普及

無料Wi-Fiスポットの普及はあまり進んでいない日本ですが、街中でWi-Fiをキャッチすると、何処の誰のものか分からないWi-Fiスポットをキャッチして目にすることがあります。
このWi-Fiのことを通称:「野良Wi-Fi」
と言います。
野良Wi-Fiとは、スタバやマクドナルドのように公共のために、無料で開放されているアクセスポイントでもなく、セキュリティロックも掛かっていない状態で、無料でネットワークに接続可能な状態になっているアクセスポイントの通称を言います。
野良Wi-Fiが横行している原因の一つに、ネットワーク管理者の不備や不適切な状況で放置していることが挙げれますが、悪意ある人間が、わざとネットワークを開放し、無知な利用者をおびき寄せ、個人情報を窃取する目的で野良Wi-Fiを解放している可能性があると指摘されています。
ワナとは知らずアクセスしてしまい、無料でWi-Fiが繋がるので、ついつい繋いでしまうこともあるでしょう。しかし、野良というだけあって、繋いで使用することにメリットよりもデメリットの方が多いようです。
出来ることなら使わない方があなたのためです。
理由としては、
1:出処の分からない無線LANを使うのはあまり良くない。
2:当たり前のことですが、使用データが記録に残る。
3:パスワード等、個人情報を簡単に盗まれてしまう可能性がある。

【タダほど高いものはない】
とよく言ったもので、無料で簡単に接続し、上限なしの使いたい放題。なんていう「甘い話」がゴロゴロと街の中にあることが、おかしい話ということですね。
上記説明の野良Wi-Fiは使わないようにして、もしも無料のスポットWi-Fiを使う場合はカギの掛かっている無料スポットWi-Fiを使うようにしましょう。
しかし、日本では、セキュリティのしっかりしている無料スポットWi-Fiの普及はあまり進んでおらず限られた場所や店舗でしか使用することは出来ません。